【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

小田原市「保護なめんな」ジャンパー問題 市の上層部や労働組合はなぜ見逃してきたのか

2017/02/06 15:53
神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな」などと書かれたそろいのジャンパーを作成し、保護利用者世帯の家庭を訪問するときに着用していた問題が発覚し、波紋を広げている。 このたび報道された同市職員らは、10年前から担当係長の発案によって保護課ぐるみで作成し、その後配属された職員も含め計64人が購入。さらに夏用のポロシャツの袖にも「保護なめんな」を意味する「SHAT」の文字をプリントしたものを着用していたこともわかった。 これらのジャンパーなどには、ほかにも「..

続きを読む

【利根川心中事件】生活保護法は機能したのか?裁判所はどこまで踏み込んだのか?

2016/06/25 06:12
自らも死を決意した47歳の娘が、介護が必要な両親を車に乗せ利根川に入水、両親が死亡したいわゆる「利根川心中事件」の判決公判が一昨日(23日)開かれた。 ひとり生き残った娘は、母を殺害し、父の自殺をほう助した罪などに問われた。被告となった娘に対し、さいたま地裁(松原里美裁判長)が言い渡した判決は、懲役4年の実刑だった。 弁護側が一家の暮らしてきた経緯を重視し、執行猶予を求めていた中で下された実刑判決は、本当にこれでよかったのかという疑問が湧く。 この事件に関しては..

続きを読む

【麻生暴言】自分に跳ね返ってくることに気が付かない「いつまで生きてるつもりだよ!」

2016/06/18 17:35
麻生太郎がまたしてもバカ発言をしたそうだ。 17日の北海道小樽市内で開いた自民党支部の支持者たちの集まりで、「90歳になって老後が心配などわけのわからないことを言っている人がいる。いつまで生きるつもりか」と悪態をついた。 90歳であろうと100歳であろうと、これからまだ先を生きていこうとしている人に向かって、「いつまで生きるつもりか」とは、高齢者の人格を破壊するあまりにもひどい暴言だ。 80歳であろうと70歳であろうと、あるいはもっと若くても不治の病に侵され..

続きを読む

【反ヘイトスピーチ法】マイノリティの分断支配につながる可能性―早期の改正を!

2016/05/25 23:55
昨日(5月24日)の衆院本会議で、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(以下、ヘイト・スピーチ解消法)案」が可決、成立した。 日本が1995年に人種差別撤廃条約に加入してからすでに20年が経過しているにもかかわらず、これまで国は人種差別撤廃のための立法を行う責任を回避し続けてきた。 その結果、ヘイトスピーチのデモや街宣を行政(警察)がむしろ擁護し、それに抗議する人々を規制するかのような倒錯した事態も繰り広げられるに至っている。 こう..

続きを読む

障害者の参考人出席を締め出した“理念なき国会”の病理の深刻さ【東京新聞】

2016/05/13 00:05
日本の国会でいま、とんでもないことが起こっている。衆院厚生労働委員会で障害者に関する法案(障害者総合支援法改正案)の審議に、障害者代表で参考人招致された難病患者が出席を拒否されたのだ。 障害者差別解消法が先月施行されたばかりで、しかも障害者を含む福祉政策全般を審議するはずの厚労委の場で、当事者である障害者代表を抜きで物事を進めようとするこの異様さは、いったい何なのか。 いまだに根深く残る障害者差別の解消を目指し、国や地方自治体での施策の推進や権利侵害を防止するための啓..

続きを読む

頑なな最高裁、謝罪すれども「違憲」を認めず【ハンセン病隔離法廷】

2016/04/26 22:22
ハンセン病患者の裁判を隔離施設などで開いていた特別法廷問題を検証してきた最高裁は25日、調査報告書を公表した。 この中で最高裁は、一律に特別法廷の設置を許可していた自らの誤りを認めた上で、「患者の人格と尊厳を傷つけたことを深く反省し、おわびする」と謝罪した。 最高裁が調査の対象としたのは、ハンセン病患者の裁判を社会から隔離された特別法廷で開くことを許可した95件に関する、司法行政手続き上の違法性の有無だった。 この95件のうち94件がハンセン病患者が被告..

続きを読む

もっと見る