【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

核兵器禁止条約に真正面から反対する日本政府 これで北朝鮮の核開発に反対できるのか

2017/03/29 23:34
1月に誕生した米トランプ政権は、「核能力の強化」を掲げる、核軍縮どころか核軍拡も厭わない危険な政権だ。 日本のアベ政権は、そんなトランプ政権に国連の場で歩調を合わせた。その意味では、アベの2月訪米と日米首脳会談の“成果”が、早くも現れたと言える(あくまでも「トランプにとって」という意味でだが)。 3月27日から始まった国連本部での「核兵器禁止条約」交渉会議で、日本代表の高見沢軍縮大使は交渉への不参加を表明した(この軍縮大使、肩書詐称の疑いが濃い)。 その理由..

続きを読む

【東京新聞】やることなすこと空振りばかり―なんともならない安倍政権の外交音痴

2016/12/01 13:32
空振り続く安倍外交 持論に固執 情勢読めず(東京新聞「こちら特報部」2016年12月1日朝刊) 安倍政権の外交政策が崩壊している。首相はいの一番に次期米大統領のトランプ氏に会いに行ったが、トランプ氏は環太平洋連携協定(TPP)から「就任初日に離脱通告」を言明。中国に対する南シナ海の仲裁裁判所の判決も、当事国フィリピンの翻意で空文化した。ベトナムへの原発輸出の破談、温暖化ガス抑止のパリ協定への乗り遅れ…。現政権は国内的には高い支持率を維持するが、目玉の外交政策は空..

続きを読む

【そもそも総研】環境省、今度は放射能汚染土を全国の公共事業に利用・・・いったいなぜ?

2016/06/23 22:51
きょうは、23日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で放送された「そもそも総研」の文字起こしです。 番組が取り上げたテーマは、「原発の汚染土は全国に拡散させても問題がないのか」。 2011年3月に起きた東京電力福島第一原発事故で、福島県内に広範に降り積もった大量の放射性物質。 それが5年たった今、県内で除染された土壌や草木がフレコンバッグに入れられて、行き場がなくて仮置き場に野積みにされている状態だ。 環境省はこの汚染土を県内の大熊、楢葉両町のあちこちに中間貯蔵施..

続きを読む

【チェルノブイリ】セシウム137汚染地域における、内部被曝による女性の生殖健康の悪化

2016/05/30 21:56
『放射能汚染が未来世代に及ぼすもの』(綿貫礼子編)からの一部転載です。 内容説明本書はチェルノブイリの未来世代への放射線健康影響について、女性の視点で研究を重ね、フクシマ事故の起きたその年にたどり着いたひとつの「仮説」を紹介する。原発事故による子どもたちの健康影響はなぜ世界に正しく伝わらないのか。「国際原子力村」の科学者たちによる健康影響過小評価の歴史を検証し、今日の科学文明の意味を問う。 出版社内容情報☆女性の生殖健康とポスト・チェルノブイリ世代の長期健康研究を..

続きを読む

【地位協定】同じ敗戦国なのになぜこんなに違う?イタリア、ドイツの政府の取り組みと安倍政権

2016/05/24 16:53
沖縄県うるま市で米軍属の元海兵隊員が20歳の会社員女性の遺体を遺棄した事件で、翁長雄志沖縄県知事は23日、事件後初めて官邸で安倍首相と会談した。 席上翁長氏は「基地があるが故の犯罪だ。大きな怒りと悲しみを禁じ得ない」と強調し、26日からの伊勢志摩サミットに合わせて来日するオバマ米大統領と、自らが直接会談する機会を設けるよう求めた。 同時に翁長氏は、度重なる米軍関係者の凶悪犯罪が後を絶たないことを踏まえ、米兵らの特権的な法的地位を定めた日米地位協定を見直す必要性も訴えた..

続きを読む

X線天文衛星「ひとみ」の通信異常

2016/03/31 19:32
JAXAの発表によれば、今年2月に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」が、何らかの異常が起きて地上との交信ができない状態になっているという。 ひとみは高度約580キロの軌道を周回中で、うまくいけばこの夏には天体が出すエックス線を捉え、ブラックホール観測などを行い、宇宙がどのよう進化し、今の姿になったのかの謎に迫るものとして期待されていた。 このことについて今朝(3月31日)の東京新聞の1面コラム「筆洗い」は、「苦しい状況にある機械に対し、人はとりわけ、その『心』や..

続きを読む

もっと見る