【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【個の尊厳・尊重】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【戦争責任】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

小田原市「保護なめんな」ジャンパー問題 市の上層部や労働組合はなぜ見逃してきたのか

2017/02/06 15:53
神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな」などと書かれたそろいのジャンパーを作成し、保護利用者世帯の家庭を訪問するときに着用していた問題が発覚し、波紋を広げている。 このたび報道された同市職員らは、10年前から担当係長の発案によって保護課ぐるみで作成し、その後配属された職員も含め計64人が購入。さらに夏用のポロシャツの袖にも「保護なめんな」を意味する「SHAT」の文字をプリントしたものを着用していたこともわかった。 これらのジャンパーなどには、ほかにも「..

続きを読む

【柏崎刈羽原発破たん】防潮堤決壊の恐れ 勝てない安倍政権 地方から中央へ包囲網が形成

2016/10/18 09:30
【柏崎刈羽原発】防潮堤 液状化の恐れ 地震対策見直し 審査遅れ必至(東京新聞2016年10月18日朝刊) 東京電力柏崎刈羽原発【新潟県)の防潮堤の一部が、地震発生時に想定する津波を防げない恐れがあることが分かり、東電は重大事故発生時の対応拠点の場所を変えるなど対策を進める。原子力規制委員会が6、7号機で行っている新規制基準の適合審査は大幅に遅れる見込みだ。さらに16日の新潟県知事選で脱原発を掲げた米山隆一氏(49)が当選し、再稼働のめどは立たない。 (柏崎刈羽..

続きを読む

【麻生暴言】自分に跳ね返ってくることに気が付かない「いつまで生きてるつもりだよ!」

2016/06/18 17:35
麻生太郎がまたしてもバカ発言をしたそうだ。 17日の北海道小樽市内で開いた自民党支部の支持者たちの集まりで、「90歳になって老後が心配などわけのわからないことを言っている人がいる。いつまで生きるつもりか」と悪態をついた。 90歳であろうと100歳であろうと、これからまだ先を生きていこうとしている人に向かって、「いつまで生きるつもりか」とは、高齢者の人格を破壊するあまりにもひどい暴言だ。 80歳であろうと70歳であろうと、あるいはもっと若くても不治の病に侵され..

続きを読む

「アメリカにとって本当の脅威とは何か」を鋭く指摘したカニンガム記者の記事(『マスコミに載らない海外記事』より)

2016/05/18 03:04
今日は「マスコミに載らない海外記事」サイト(5月16日)に和訳されて掲載された国際問題専門誌「The Strategic Culture」のコラムニスト、フィニアン・カニンガム記者の記事を転載します。 米国政府の近年の軍事支出は年間約6000億ドル(65.4兆円=1ドル109円〔17日〕換算)に上り、米政府予算の半分以上、全世界の年間軍事支出の3分の1を優に超える巨額だ。 米国の“軍産複合体”が指摘されるようになって久しいが、それが今や「米国社会と経済の中心的かつ決定的な..

続きを読む

これなら支持できる!明快な基本政策を掲げた小林節“新党”「国民怒りの声」

2016/05/10 23:57
これが政治団体「国民怒りの声」の7つの基本政策だ。 政治団体「国民怒りの声」を立ち上げることを表明した小林節・慶応大名誉教授が9日に発表した安全保障関連法廃止などの7つの基本政策は、政治が向かうべきベクトルが安倍政治と真逆な方向であることを示している。 小林氏は会見冒頭に読み上げた設立宣言で、真っ先に安保法に言及し、廃止を訴えた。 「安倍政権は、世界のどこででも戦争のできる法律を成立させてしまった。権力を一時的に託されただけの政治家が憲法を無視し、勝手に行動を始めた..

続きを読む

【保育士・介護士賃金格差】民主党は大胆な政策で、姑息な政府を追い詰めよ!

2016/05/02 19:55
何なんだよ日本。1億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍できねーじゃねーか。 全国の待機児童を抱える父母の声を代弁したこのインターネット投稿で、改めてクローズアップされた保育園・幼稚園の人手不足問題だが、その原因はそこで働く保育士の低賃金と待遇の劣悪さであることは明らかだ。 子どもの命を預かる重要さが伴うだけに、国家資格を取らなければならない半面、延長保育や親の意見への対応なども求められるハードな仕事でありながら、報酬は他の職種に比べ格段..

続きを読む

もっと見る