【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【「共謀罪」閣議決定】ここまで来た、“治安維持法”の復活を告げるアベの大暴走

2017/03/22 23:20
1925(大正14)年、時の政府は普通選挙法というアメを成立させるのと抱き合わせに、強烈なムチとなる治安維持法を同時に制定した。 この法律は、国民の自由な政治的意思を表明する機会を奪い、政府に反対する運動を徹底して取り締まることを目的としたものだった。 初の普通選挙が行われた直後の1928年3月、全国一斉に、天皇制に反対する国民や共産主義者、無政府主義者らに対する弾圧を行った。この法律により、約1600人が一気に検挙され、追い打ちをかけるように、成立してまもな..

続きを読む

【共謀罪全容判明】人間の“内心”を取り締まりの対象とし、日本を戦前の暗黒社会に変質させる

2017/02/28 23:41
世間とマスコミの注目が「金正男暗殺事件」と「アベ・森友(アベ友)学園事件」に引き付けられている間に、「共謀罪」が来月10日には閣議決定の運びであることが報道された。 それに伴い、「共謀罪」を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の全容が明らかとなった(法案の抜粋は下記の東京新聞記事中に掲載がある)。 (東京新聞) 「共謀罪」法案は、過去において政府が3回(2003年、04年、05年)国会提出したのに加え、与党も06年に政府案を2回修正した「再修正案」を提出しているが..

続きを読む

河村たかしの「南京虐殺はなかったチャン」とアパホテル――安倍とオリンピックをつなぐ黒い闇

2017/01/24 23:57
東京オリンピックへ向けた「オモテ無し(裏ばかり)」の黒い実態がまた一つ、明らかになった。その口火を切ったのが「南京事件はなかったチャン」が持論の河村たかし(名古屋市長)だ。河村はこのタイミングでまたしても、その妄想を持ち出してきた。 安倍シンゾ首相や「ホトケさま」田母神オヤジと昵懇の仲であり、彼らのパトロン兼スポンサーの一翼を担っている、元谷外志雄(もとやとしお)が経営するアパホテル・グループの客室には、南京大虐殺(1937年)を真っ向否定するトンデモ本が置かれているこ..

続きを読む

【テロ等準備罪】日中戦争から80年――アベの手による戦時国内体制固めが始まった

2017/01/07 19:43
特定秘密保護法で情報の独占を狙い、集団的安保法制で国民を戦地に駆り出す準備を着々と進めてきた安倍政権だが、今度は年明けの通常国会で、共謀罪の要件を備えた「テロ等準備罪」の新設に向かおうとしている。 これが成立すれば、犯罪の計画段階で「テロを準備した」と解釈されれば、「懲役・禁固4年以上」の重罪を課すことができるようになる。しかもその範囲は覚せい剤の密輸や殺人の共謀のほか、恐喝や偽証なども含む676の罪状が適用となる。 政府は、国際組織犯罪防止条約の締結のためには国..

続きを読む

【舛添スキャンダル】野党は「舛添―安倍―山口」ラインの逃げ得を許さず、参院=都議ダブル選を勝ち取れ!

2016/06/14 16:54
昨日(13日)の都議会総務委員会の4時間に及んだ集中審議では、6会派が質疑に立ったが公明、民進(旧民主)、民進(旧維新)が初めて舛添の知事辞任に言及するなど、自民党を除く5会派が辞職を求めた。 舛添は、質疑終了後に自ら発言を求め、不信任案の提出をリオデジャネイロ・オリンピック終了後まで猶予するよう求めたが、辞任するとの明確な発言はなかった。 これに対し、共産党が「舛添知事の最後の発言は許しがたい」(大山とも子都議団幹事長)と述べるなど、野党は一斉に反発し、知事への辞任圧力..

続きを読む

【舛添スキャンダル】都議会与党は五輪開催中にも大統領弾劾の手を緩めないブラジル議会に学んだらどうだ

2016/06/11 20:21
猪瀬直樹前都知事が医療グループ「徳洲会」から5000万円を受け取った問題では、4日間、計20時間の集中審議を行い、カバンに無理やり札束に見立てた箱を入れようとする「カバン芸」が話題となった。 だが、大粒の汗をかきながらの猪瀬の努力もむなしく、カバンのファスナーが閉まらず、ますます疑惑が深まった。 その後も猪瀬の発言が二転三転したため、都議会は集中審議を打ち切り、法律に基づく調査権を持つ百条委員会の設置を決議。たまらず猪瀬は、直後に辞任の意向を固めざるを得なかった。(も..

続きを読む

もっと見る