【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【個の尊厳・尊重】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【戦争責任】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【埋め立て承認撤回】翁長知事が明言 背水の陣でアベ政権と全面対決=沖縄を孤立させるな

2017/03/26 19:07
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に反対する大規模集会が25日、移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前で開かれた。 この「違法な埋め立て工事の即時中止・辺野古新基地建設断念を求める県民集会」(辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議主催)に集まった3500人超の参加者を前に、翁長雄志沖縄県知事は、仲井真弘多前知事が出した辺野古埋め立て承認に関し「あらゆる手法で撤回を力強く必ずやる」と述べ、承認撤回の意向を初めて明言した(沖縄タイムスなど)。..

続きを読む

【原発事故処理費40兆円】秘密保護法と安倍小學院スキャンダルの渦中で進む情報隠蔽工作

2017/02/26 23:50
今日は原発事故に関連する東京新聞と毎日新聞の記事計3本を、記憶にとどめる意味で書きとめておく。 最初は、東京新聞の集計によると、東電福島第一原発事故の処理費用が40兆円に拡大しそうだというものだ。 私は事故発生後1ヶ月ほどして全体像が見えてきたころ、各マスコミが「事故処理費用10兆円規模」と報じているのを見て、絶対にそれでは済まないだろうと直感していた記憶がある。そう思った人は、私に限らず多かったはずだ。 原発サイトの復旧ばかりでなく、人が住めなくなる土地や..

続きを読む

【東京地裁旧姓使用却下】なにこれ判決 司法と教育の時代錯誤

2016/10/12 14:05
全くこの国の司法の後進性ときたら、目も当てられない。昨日(10月11日)の東京地裁での「女性教諭旧姓使用訴訟」却下判決だ。 (判決後に記者会見する原告代理人の弁護士ら=11日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ=東京新聞) 教壇に立つ女性教諭が長い間、結婚以前から使っていた戸籍上の姓で生徒や保護者、同僚らとコミュニケーションを築いてきた。だが、勤務先の学校は、教諭が結婚して夫の姓となって以後、学校での旧姓使用を認めなかった。 結婚して役所に婚姻届けを出すと、男性または女性..

続きを読む

【伊方原発】酷暑の中、高校野球・リオ五輪でもだぶつく電力 なぜいま再稼働なのか

2016/08/13 23:55
熊本地震が発生したことによって、先に再稼働した川内原発に対する危険性が改めてクローズアップされる中、安倍政権と四国電力は伊方原発3号機の再稼働に踏み切った。 伊方原発のすぐ北側には、川内原発の直近を通る日奈久(ひなぐ)断層帯が連なる日本最大級の断層帯、中央構造線が走っている。 東日本を襲った大震災後明らかに活動期に入ったと言われている地震多発地帯・日本で、東京電力福島第一原発の事故原因さえ明らかになっていないなかでの再稼働など、あってはならないはずのことだ。 とりわけこ..

続きを読む

【利根川心中事件】生活保護法は機能したのか?裁判所はどこまで踏み込んだのか?

2016/06/25 06:12
自らも死を決意した47歳の娘が、介護が必要な両親を車に乗せ利根川に入水、両親が死亡したいわゆる「利根川心中事件」の判決公判が一昨日(23日)開かれた。 ひとり生き残った娘は、母を殺害し、父の自殺をほう助した罪などに問われた。被告となった娘に対し、さいたま地裁(松原里美裁判長)が言い渡した判決は、懲役4年の実刑だった。 弁護側が一家の暮らしてきた経緯を重視し、執行猶予を求めていた中で下された実刑判決は、本当にこれでよかったのかという疑問が湧く。 この事件に関しては..

続きを読む

頑なな最高裁、謝罪すれども「違憲」を認めず【ハンセン病隔離法廷】

2016/04/26 22:22
ハンセン病患者の裁判を隔離施設などで開いていた特別法廷問題を検証してきた最高裁は25日、調査報告書を公表した。 この中で最高裁は、一律に特別法廷の設置を許可していた自らの誤りを認めた上で、「患者の人格と尊厳を傷つけたことを深く反省し、おわびする」と謝罪した。 最高裁が調査の対象としたのは、ハンセン病患者の裁判を社会から隔離された特別法廷で開くことを許可した95件に関する、司法行政手続き上の違法性の有無だった。 この95件のうち94件がハンセン病患者が被告..

続きを読む

もっと見る