【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【個の尊厳・尊重】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【戦争責任】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【森友学園と安倍政権】あまりにも強い親和性と復古趣味的侵略性――アベ・昭恵・麻生・稲田

2017/02/25 19:32
昨日(24日)午前中に開かれた衆院予算委員会では、安倍シンゾ・昭恵夫婦が絡んだ森友学園に対する財務省の国有地不当売却問題が集中的に審議された。 野党・民進党と共産党は、様々な資料を携えて首相の責任を追及。アベは時折動揺したり言葉に詰まるなどし、また時には野党の質問に「私も職を賭して説明している」と、逆切れして見せる場面もあった。相変わらず感情の起伏が激しい。 しかし一方で、自民党、公明党は同日午前11時からの予算委理事会で、予算案の委員会審議を27日(来週月曜日)..

続きを読む

河村たかしの「南京虐殺はなかったチャン」とアパホテル――安倍とオリンピックをつなぐ黒い闇

2017/01/24 23:57
東京オリンピックへ向けた「オモテ無し(裏ばかり)」の黒い実態がまた一つ、明らかになった。その口火を切ったのが「南京事件はなかったチャン」が持論の河村たかし(名古屋市長)だ。河村はこのタイミングでまたしても、その妄想を持ち出してきた。 安倍シンゾ首相や「ホトケさま」田母神オヤジと昵懇の仲であり、彼らのパトロン兼スポンサーの一翼を担っている、元谷外志雄(もとやとしお)が経営するアパホテル・グループの客室には、南京大虐殺(1937年)を真っ向否定するトンデモ本が置かれているこ..

続きを読む

【テロ等準備罪】日中戦争から80年――アベの手による戦時国内体制固めが始まった

2017/01/07 19:43
特定秘密保護法で情報の独占を狙い、集団的安保法制で国民を戦地に駆り出す準備を着々と進めてきた安倍政権だが、今度は年明けの通常国会で、共謀罪の要件を備えた「テロ等準備罪」の新設に向かおうとしている。 これが成立すれば、犯罪の計画段階で「テロを準備した」と解釈されれば、「懲役・禁固4年以上」の重罪を課すことができるようになる。しかもその範囲は覚せい剤の密輸や殺人の共謀のほか、恐喝や偽証なども含む676の罪状が適用となる。 政府は、国際組織犯罪防止条約の締結のためには国..

続きを読む

【麻生暴言】自分に跳ね返ってくることに気が付かない「いつまで生きてるつもりだよ!」

2016/06/18 17:35
麻生太郎がまたしてもバカ発言をしたそうだ。 17日の北海道小樽市内で開いた自民党支部の支持者たちの集まりで、「90歳になって老後が心配などわけのわからないことを言っている人がいる。いつまで生きるつもりか」と悪態をついた。 90歳であろうと100歳であろうと、これからまだ先を生きていこうとしている人に向かって、「いつまで生きるつもりか」とは、高齢者の人格を破壊するあまりにもひどい暴言だ。 80歳であろうと70歳であろうと、あるいはもっと若くても不治の病に侵され..

続きを読む

【ヘイトデモ許可】神奈川県警は横浜地裁支部の仮処分決定を尊重せよ

2016/06/04 22:51
神奈川県警がヘイトデモを許可 在日コリアンの排除を訴え、差別や殺害まで煽るヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返す団体が5日に川崎市で計画しているデモについて、神奈川県公安委員会と県警は3日、道路使用の申請を許可する決定をした。 ヘイトスピーチ解消法が先月成立したことを受け、主催者側に中止を促したが応じなかったことから、県警は県の公安条例が「公共の安寧」に直接危険を及ぼすと認められる場合以外は許可するよう定めていることを根拠に判断したと説明している。 警察庁はヘイトデモ..

続きを読む

【反ヘイトスピーチ法】マイノリティの分断支配につながる可能性―早期の改正を!

2016/05/25 23:55
昨日(5月24日)の衆院本会議で、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(以下、ヘイト・スピーチ解消法)案」が可決、成立した。 日本が1995年に人種差別撤廃条約に加入してからすでに20年が経過しているにもかかわらず、これまで国は人種差別撤廃のための立法を行う責任を回避し続けてきた。 その結果、ヘイトスピーチのデモや街宣を行政(警察)がむしろ擁護し、それに抗議する人々を規制するかのような倒錯した事態も繰り広げられるに至っている。 こう..

続きを読む

もっと見る