【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【個の尊厳・尊重】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【戦争責任】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【原発による国民生活破壊】処理費総額30兆円が国民負担 人命を削り老朽原発を延命

2016/10/20 09:08
原発処理費総額30兆円 国民負担 既に14兆円 本紙調べ 【福島事故】【最終処分場】【核燃料サイクル】【廃炉】 (東京新聞2014年10月20日朝刊) 原発政策を進めるには原発建設費、地元負担金を除き、関連処理費用として東京電力福島第一原発の事故処理、廃炉、最終処分場建設、核燃料サイクルに最低でも約30兆円かかることが本紙の調べで分かった。19日には、経済産業省が有識者会合の作業部会を開き、規制変更によって廃炉が決まった原発の廃炉費用を電気料金に上乗せする方針を固め..

続きを読む

【新潟知事に米山氏】脱原発の民意 安倍政権・東京電力を直撃

2016/10/17 10:17
新潟知事選に再稼働反対派 野党系米山氏が初当選(東京新聞2016年10月17日朝刊) 任期満了に伴う新潟知事選は16日投開票され、無所属新人で共産、自由、社民3党推薦の医師米山隆一氏(49)が自民、公明両党推薦の前長岡市長森民雄氏(67)ら無所属3新人を破り初当選した。米山氏は主要な争点だった東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な立場を鮮明にしており、政府や東電が推進する再稼働が難航する可能性がある。 (新潟知事選で当選を決め、万歳する米山隆一氏) 九州電力川内原発の一時..

続きを読む

破たんした「もんじゅ」にすがる政権 国民負担を重ね、狙う核武装

2016/09/22 12:44
政府が長年にわたり拘泥してきた、核燃料サイクルの中心となる高速増殖炉もんじゅの破たんが、隠しおおせないところにまで来た。 5年前の福島原発事故によってもろくも崩壊した原発神話と、その後の拡散した放射性廃棄物の処理や人体、環境に与える放射能の負荷と危険性の大きさから、核のサイクルのどのパートを取ってみても、有害で危険であることが、現実の形をとって証明された。 加えて、福島事故に限らず、今後も十分に起こりうる全国の原発や核サイクル事業に関する事故の処理費用の、ほぼ全額を電..

続きを読む

【アベノミクス】金融政策の本質は?「家計の損失と政府・企業の優遇」(転載記事)

2016/06/22 22:37
「う~ん、アベノミクスが始まってから、ずーっとこうだな」「もう、いい加減に辞めてもらいたいわね、あの人に!」 アベノミクスを継続することの意味(小笠原誠治の経済ニュースゼミ 2016年06月15日)安倍総理が言っています。アベノミクスを後戻りさせることはできない、アベノミクスのエンジンを最大限にふかさなければならない、と。 この安倍総理の考えに賛同する人は、来る参議院選で自民党に一票を投じることになるのでしょうが…貴方はどうしますか? 多分、判断が付きかねている人が..

続きを読む

もう誰も言わなくなった「トリクル・ダウン」…膨らみ続ける“内部留保”がアベノミクスの破たんを象徴

2016/06/05 16:54
大企業の内部留保が急増している。安倍政権が発足した2012年12月以降、その額は34%増の366兆円に達し、前年同月比でも6%増だ(財務省「法人企業統計」6月1日発表)。 その一方で働く人たちの給与は横ばいかやや下がり目。実質賃金は4年連続マイナスで、個人消費も増加していない。 内部留保というのは、企業の売り上げから従業員の給料や株主への配当を差し引いた後に残る「利益剰余金」のことを言う。 大企業を中心に、企業の内部留保(=余った金)は社会に還元されることなく、企業内に..

続きを読む

アベノミクス失敗で幕を閉じた国会 疑惑を隠して参院選になだれ込む 

2016/06/02 23:59
伊勢志摩サミット、オバマ広島訪問、消費増税再延期と続いたアベ劇場は、内閣支持率を7ポイントも上げるという〝離れワザ”を見せ、昨日、今年の通常国会の幕を閉じた。 これによって政治の焦点は、安倍が仕組んだ通り「消費税を再び延期することについて有権者の信を問いたい」とする参院選になだれ込むことになった。 安倍首相が国会閉幕後の記者会見で明らかにした増税見送りの根拠として、途上国経済の減速など、世界経済の下振れリスクを挙げた。 だがこれは真っ赤な嘘だ。中国やインドなどの発展..

続きを読む

もっと見る