【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【利根川心中事件】生活保護法は機能したのか?裁判所はどこまで踏み込んだのか?

2016/06/25 06:12
自らも死を決意した47歳の娘が、介護が必要な両親を車に乗せ利根川に入水、両親が死亡したいわゆる「利根川心中事件」の判決公判が一昨日(23日)開かれた。 ひとり生き残った娘は、母を殺害し、父の自殺をほう助した罪などに問われた。被告となった娘に対し、さいたま地裁(松原里美裁判長)が言い渡した判決は、懲役4年の実刑だった。 弁護側が一家の暮らしてきた経緯を重視し、執行猶予を求めていた中で下された実刑判決は、本当にこれでよかったのかという疑問が湧く。 この事件に関しては..

続きを読む

【チェルノブイリ】セシウム137汚染地域における、内部被曝による女性の生殖健康の悪化

2016/05/30 21:56
『放射能汚染が未来世代に及ぼすもの』(綿貫礼子編)からの一部転載です。 内容説明本書はチェルノブイリの未来世代への放射線健康影響について、女性の視点で研究を重ね、フクシマ事故の起きたその年にたどり着いたひとつの「仮説」を紹介する。原発事故による子どもたちの健康影響はなぜ世界に正しく伝わらないのか。「国際原子力村」の科学者たちによる健康影響過小評価の歴史を検証し、今日の科学文明の意味を問う。 出版社内容情報☆女性の生殖健康とポスト・チェルノブイリ世代の長期健康研究を..

続きを読む

「アメリカにとって本当の脅威とは何か」を鋭く指摘したカニンガム記者の記事(『マスコミに載らない海外記事』より)

2016/05/18 03:04
今日は「マスコミに載らない海外記事」サイト(5月16日)に和訳されて掲載された国際問題専門誌「The Strategic Culture」のコラムニスト、フィニアン・カニンガム記者の記事を転載します。 米国政府の近年の軍事支出は年間約6000億ドル(65.4兆円=1ドル109円〔17日〕換算)に上り、米政府予算の半分以上、全世界の年間軍事支出の3分の1を優に超える巨額だ。 米国の“軍産複合体”が指摘されるようになって久しいが、それが今や「米国社会と経済の中心的かつ決定的な..

続きを読む

【保育士・介護士賃金格差】民主党は大胆な政策で、姑息な政府を追い詰めよ!

2016/05/02 19:55
何なんだよ日本。1億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍できねーじゃねーか。 全国の待機児童を抱える父母の声を代弁したこのインターネット投稿で、改めてクローズアップされた保育園・幼稚園の人手不足問題だが、その原因はそこで働く保育士の低賃金と待遇の劣悪さであることは明らかだ。 子どもの命を預かる重要さが伴うだけに、国家資格を取らなければならない半面、延長保育や親の意見への対応なども求められるハードな仕事でありながら、報酬は他の職種に比べ格段..

続きを読む

頑なな最高裁、謝罪すれども「違憲」を認めず【ハンセン病隔離法廷】

2016/04/26 22:22
ハンセン病患者の裁判を隔離施設などで開いていた特別法廷問題を検証してきた最高裁は25日、調査報告書を公表した。 この中で最高裁は、一律に特別法廷の設置を許可していた自らの誤りを認めた上で、「患者の人格と尊厳を傷つけたことを深く反省し、おわびする」と謝罪した。 最高裁が調査の対象としたのは、ハンセン病患者の裁判を社会から隔離された特別法廷で開くことを許可した95件に関する、司法行政手続き上の違法性の有無だった。 この95件のうち94件がハンセン病患者が被告..

続きを読む

やっぱり失敗だった橋下市長の置き土産「生保プリカ」

2016/04/15 23:53
大阪市は4月13日、生活保護受給者に対して保護費の一部をプリペイドカードによる支給方式に改めるとする事業の本格実施を見送ることを明らかにした。 これは自治体による全国初の試みとして橋下徹市長の肝煎りで始められ、2015年5月から市内の保護受給者から参加者を募り、2000世帯を目標に試験的に取り組んできたもの(モデル事業)だ。 ところが思い通りに参加協力する世帯が集まらず、16年3月末までの利用がわずか65世帯にとどまったことによって、見送らざるを得なくなった。受給世帯..

続きを読む

もっと見る