【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【個の尊厳・尊重】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【戦争責任】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【安倍昭恵にスキャンダル】近畿財務局の「土地払い下げ」…政権中枢に食い込む日本会議の陰影

2017/02/10 16:58
夫婦そろって意気揚々とトランプ詣でに旅立った安倍昭恵(首相夫人)だったが、出発の前日に金銭絡みのスキャンダルが朝日新聞によってスクープされた。 2月9日の朝日新聞が伝えるところによると、財務省近畿財務局が学校法人に払い下げた大阪府豊中市内の国有地をめぐって、同財務局がひた隠しにしていた売却額が、ほぼ同規模の隣接地の10分の1だったことが判明した。 濡れ手に粟でその差額約13億円を手中に収めたとみられるのが、安倍昭恵が名誉校長を務める学校法人「森友学園」(籠池泰..

続きを読む

“後門の狼”を食い止めたかったプーチンに、「領土を返せ」というくらい間の抜けた話はない

2016/12/17 16:46
ほんの数か月前までアベは、プーチンとの首脳会談で四島一括は無理にしても歯舞、色丹の二島返還ぐらいは良い色の返事を期待していたに違いない。それでポイントを稼いで、衆院解散を断行し、政局の主導権を握ったうえで改憲論議をリードする腹積もりでいただろう。 そこまで前のめりになっていたところに、安倍の外交音痴たる所以がある。 前景気を煽るように、マスコミを動員しては「四島一括」か「二島先行」か、あるいは「引き分け(「二島半」)」かのようなバカ騒ぎを演じさせ、あたかも、自..

続きを読む

懲りない青山繁晴、詭弁を弄して比例区に立候補「憲法9条のおかげでめぐみさんは拉致された」??

2016/06/29 23:40
いや~、世事に疎しとはこういうことを言うのかもしれないが、あの青山繁晴氏がこのたびの参院選比例代表に自民党から出馬していたとを、私はうかつにも、今日まで知らなかった。しかも、安倍首相が直々に要請したというから、二重に驚きだ。 「へぇ~、あの青山が」と言うのが率直な感想であると同時に、自民党の人材難もここまで来たかというのも、また感想だ。 zakzak(下記参照)によれば、街頭演説では早速大嫌いな憲法9条をやり玉に挙げていたというが、その言い分が甚だ可笑しい。 氏は横..

続きを読む

【利根川心中事件】生活保護法は機能したのか?裁判所はどこまで踏み込んだのか?

2016/06/25 06:12
自らも死を決意した47歳の娘が、介護が必要な両親を車に乗せ利根川に入水、両親が死亡したいわゆる「利根川心中事件」の判決公判が一昨日(23日)開かれた。 ひとり生き残った娘は、母を殺害し、父の自殺をほう助した罪などに問われた。被告となった娘に対し、さいたま地裁(松原里美裁判長)が言い渡した判決は、懲役4年の実刑だった。 弁護側が一家の暮らしてきた経緯を重視し、執行猶予を求めていた中で下された実刑判決は、本当にこれでよかったのかという疑問が湧く。 この事件に関しては..

続きを読む

【舛添スキャンダル】都議会与党は五輪開催中にも大統領弾劾の手を緩めないブラジル議会に学んだらどうだ

2016/06/11 20:21
猪瀬直樹前都知事が医療グループ「徳洲会」から5000万円を受け取った問題では、4日間、計20時間の集中審議を行い、カバンに無理やり札束に見立てた箱を入れようとする「カバン芸」が話題となった。 だが、大粒の汗をかきながらの猪瀬の努力もむなしく、カバンのファスナーが閉まらず、ますます疑惑が深まった。 その後も猪瀬の発言が二転三転したため、都議会は集中審議を打ち切り、法律に基づく調査権を持つ百条委員会の設置を決議。たまらず猪瀬は、直後に辞任の意向を固めざるを得なかった。(も..

続きを読む

映画『スポットライト~世紀のスクープ』…世界を揺るがすカトリック・スキャンダルとジャーナリスト魂

2016/06/07 23:46
こんな作品。 本作は、アメリカ人の(欧米人の)心の中に深く根付いているカトリック教会と、それが長年にわたって犯してきた犯罪をテーマに、そこに鋭く切り込んで行こうとする地方新聞の記者たちの勇気ある取材活動を、セミ・ドキュメンタリー風に描いた社会派ドラマの傑作だ。 いわゆる『カトリック教会の性的虐待事件(Cathoric sex abuse cases)』と呼ばれる、ローマ・カトリック教会を揺るがした大スキャンダル実話を基にしている。 時は2001年の7月、アメリカ東部..

続きを読む

もっと見る