【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【「共謀罪」閣議決定】ここまで来た、“治安維持法”の復活を告げるアベの大暴走

2017/03/22 23:20
1925(大正14)年、時の政府は普通選挙法というアメを成立させるのと抱き合わせに、強烈なムチとなる治安維持法を同時に制定した。 この法律は、国民の自由な政治的意思を表明する機会を奪い、政府に反対する運動を徹底して取り締まることを目的としたものだった。 初の普通選挙が行われた直後の1928年3月、全国一斉に、天皇制に反対する国民や共産主義者、無政府主義者らに対する弾圧を行った。この法律により、約1600人が一気に検挙され、追い打ちをかけるように、成立してまもな..

続きを読む

【指定廃棄物処分場】アベが原発再稼働を止めないのなら、国民は処分場を拒否する権利を有する

2017/03/09 18:35
今日の東京新聞は、福島第一原発事故によって飛散した放射性物質を含むいわゆる「指定廃棄物」を、栃木県塩谷町が洪水の恐れのある浸水想定区域で一時保管していると報じている。 栃木県内の指定廃棄物の総量は1万3500トンを超すが、そのうち塩谷町にあるのは22・8トンで、その全量が、町が農家から引き取った牧草。放射性物質濃度は1キログラム当たり1万6000ベクレルもあり、2014年2月から町有地に置いままになっているという。 この保管場所からわずか50メートルのところには、..

続きを読む

【共謀罪全容判明】人間の“内心”を取り締まりの対象とし、日本を戦前の暗黒社会に変質させる

2017/02/28 23:41
世間とマスコミの注目が「金正男暗殺事件」と「アベ・森友(アベ友)学園事件」に引き付けられている間に、「共謀罪」が来月10日には閣議決定の運びであることが報道された。 それに伴い、「共謀罪」を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の全容が明らかとなった(法案の抜粋は下記の東京新聞記事中に掲載がある)。 (東京新聞) 「共謀罪」法案は、過去において政府が3回(2003年、04年、05年)国会提出したのに加え、与党も06年に政府案を2回修正した「再修正案」を提出しているが..

続きを読む

「日本社会には抵抗という文化がない」チェルノブイリと社会主義“ソ連”を見続けてきた作家の警鐘

2016/11/29 12:22
『チェルノブイリの祈り』『戦争は女の顔をしていない』『セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人々』など、数々の衝撃的な作品を発表し、2015年ノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家、スベトラーナ・アレクシエービッチ氏が日本を訪れている。 1986年のチェルノブイリ原発事故から三分の一世紀近く、事故に遭遇した人々の悲しみと怒りをつぶさに見続けてきた作家は、同時にまた、1991年のソ連崩壊直後から20年以上にわたり、共産主義下での人間の暮らしぶりを聞き取ってきた、時代の記..

続きを読む

【東京地裁旧姓使用却下】なにこれ判決 司法と教育の時代錯誤

2016/10/12 14:05
全くこの国の司法の後進性ときたら、目も当てられない。昨日(10月11日)の東京地裁での「女性教諭旧姓使用訴訟」却下判決だ。 (判決後に記者会見する原告代理人の弁護士ら=11日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ=東京新聞) 教壇に立つ女性教諭が長い間、結婚以前から使っていた戸籍上の姓で生徒や保護者、同僚らとコミュニケーションを築いてきた。だが、勤務先の学校は、教諭が結婚して夫の姓となって以後、学校での旧姓使用を認めなかった。 結婚して役所に婚姻届けを出すと、男性または女性..

続きを読む

【沖縄県議選】翁長知事与党が圧勝 辺野古移設に大ブレーキ 安倍政権の反民主主義姿勢が際立つ

2016/06/06 23:58
沖縄県議会議員選挙の投開票が5日行われ、翁長知事を支える県政与党が現有議席から3議席上積みして27議席とし過半数を得て、県政の安定運営に弾みをつける結果となった。 (勝利宣言をする翁長知事) 知事は選挙結果を受け「大勝利と考える。1年半の県政運営にご理解をいただけたと思う」と述べ、勝利宣言を行った。翁長知事が就任してから初の県議選で県政与党が勝利したことの意味は大きい。 県政与党などの辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力は、2014年の知事選や衆院選で圧倒的な強さを発..

続きを読む

もっと見る