【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【個の尊厳・尊重】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【戦争責任】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

アベノミクス失敗で幕を閉じた国会 疑惑を隠して参院選になだれ込む 

2016/06/02 23:59
伊勢志摩サミット、オバマ広島訪問、消費増税再延期と続いたアベ劇場は、内閣支持率を7ポイントも上げるという〝離れワザ”を見せ、昨日、今年の通常国会の幕を閉じた。 これによって政治の焦点は、安倍が仕組んだ通り「消費税を再び延期することについて有権者の信を問いたい」とする参院選になだれ込むことになった。 安倍首相が国会閉幕後の記者会見で明らかにした増税見送りの根拠として、途上国経済の減速など、世界経済の下振れリスクを挙げた。 だがこれは真っ赤な嘘だ。中国やインドなどの発展..

続きを読む

【G7首脳会議】「世界経済は危機」の我を通した安倍首相だが、その先にあるものは?

2016/05/27 23:53
G7(先進主要7か国)は減速する世界経済を成長軌道に乗せるため、各国が構造改革に加え、公共事業などに寄与するために機動的な「財政出動」が重要だとする認識を盛り込んだ首脳宣言を採択した。 ただドイツや英国は財政出動には慎重な姿勢を崩さず、「(世界経済の現状を)危機とまで言うのはいかがなものか」との異論は最後まで残った。 宣言には、裏方のぎりぎりの調整の結果、安倍首相が主張していた「危機・クライシス」という言葉は盛り込まれたものの、それは世界経済の現状を「危機」と表現している..

続きを読む

「アメリカにとって本当の脅威とは何か」を鋭く指摘したカニンガム記者の記事(『マスコミに載らない海外記事』より)

2016/05/18 03:04
今日は「マスコミに載らない海外記事」サイト(5月16日)に和訳されて掲載された国際問題専門誌「The Strategic Culture」のコラムニスト、フィニアン・カニンガム記者の記事を転載します。 米国政府の近年の軍事支出は年間約6000億ドル(65.4兆円=1ドル109円〔17日〕換算)に上り、米政府予算の半分以上、全世界の年間軍事支出の3分の1を優に超える巨額だ。 米国の“軍産複合体”が指摘されるようになって久しいが、それが今や「米国社会と経済の中心的かつ決定的な..

続きを読む

予断を許さない「米20ドル紙幣への“女性黒人奴隷解放家”肖像初登場」

2016/04/23 00:14
米20ドル紙幣に奴隷解放運動家の女性、黒人として初(ロイター2016年04月21日12:22) [ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省は20日、新20ドル紙幣(約2120円)の表に奴隷解放運動家の女性、ハリエット・タブマンの肖像画を採用すると発表した。米紙幣にアフリカ系の人物の肖像画が使われるのは初めて。また、女性の肖像画が使われるのは100年以上ぶりとなる。 タブマンは1820年代に奴隷として生まれ、20代後半の時にプランテーションから脱走。その後、奴隷解放..

続きを読む

もっと見る