【EU】  【G7・多国間首脳会議・サミット】 【NATO】 【NGO・NPO】 【あらゆる差別・弾圧・抑圧・ヘイトスピーチ】 【いじめ・虐待・ハラスメント】 【こども・教育・学校】 【アフリカ】 【アメリカ】 【アメリカの世界・軍事戦略】 【アンゲラ・メルケル】 【イギリス】 【イタリア】 【ウラジーミル・プーチン】 【カナダ】 【グローバル金融・多国籍企業・タクスヘイブン】 【シビリアンコントロール】 【ジェノサイド・ホロコースト・大虐殺】 【テロと難民】 【ドイツ】 【ドナルド・トランプ】 【ナチス・ドイツ】 【バラク・オバマ】 【フランス】 【ブラック企業・過重労働・過労自殺・違法解雇】 【マスコミ・報道の独立・知る権利】 【ミサイル防御システム・イージス】 【ヨーロッパ】 【ロシア】 【世界の軍事・軍拡・武器輸出・供与】 【世界大戦・地域戦争・軍事紛争】 【世界経済・貿易・為替・通貨】 【中南米・カリブ】 【中国・台湾・香港】 【中東】 【主権在民・権利侵害】 【事件・事故】 【人権・民主主義・裁判】 【人種・民族・言語・宗教・マイノリティ】 【侵略・軍事併合・植民地】 【公共事業・ゼネコン】 【公明党・創価学会】 【労働者・権利・賃金・雇用・失業】 【北朝鮮】 【北東・東アジア】 【医療・介護】 【原発事故・事故原因・住民避難】 【原発推進・再稼働・利権】 【原発規制・脱原発・廃炉】 【司法・検察・警察】 【国会・国会議員】 【国家主権・主権国家・条約】 【国民生活・家計・国民負担】 【国連・国連機関・PKO】 【国際機構・多国間条約】 【在日外国人・多民族共生】 【在日米軍】 【地方自治・地方政治】 【地球環境・資源開発】 【地震・災害】 【外交・首脳会談】 【大洋州】 【天皇・皇室・国旗・国歌】 【夫婦別姓・結婚・出産の選択・LGBT】 【女性・家族】 【子育て・少子社会・保育所】 【学者・文化人・芸能人・ジャーナリスト】 【宇宙・生命・科学技術・軍学共同研究】 【安保法・秘密法・共謀罪・軍国主義化】 【安倍政権】 【官僚・公務員】 【復古主義・戦前回帰】 【憲法・改憲・立憲主義・三権分立】 【拉致被害】 【排外主義・分断支配】 【放射能拡散・汚染水・人体への影響】 【政治とカネ・政治倫理】 【日本】 【日本の敗戦・占領】 【日本の武器輸出・供与・防衛装備移転】 【日本の歴代首相・政権】 【日本の海外侵略と歴史認識】 【日本の為替・貿易】 【日本の銀行・大企業・金融資本】 【日本共産党】 【日本政府・政府系機関】 【日本経済・デフレ・インフレ・物価】 【日米安保・地位協定】 【最高裁・違憲審査・統治行為論】 【東京オリンピック・スポーツ利権】 【東南アジア・南アジア】 【核の先制使用権・原爆投下】 【核兵器・核開発・核拡散】 【核燃料サイクルと核保有】 【民進党】 【沖縄米軍基地・事故・犯罪】 【法治主義・法の下の平等】 【社会保障・福祉政策】 【社大党】 【社民党】 【税・財政・金融政策】 【管理人・身の回りのこと・雑記】 【米軍基地】 【維新】 【習近平】 【自民党】 【自然破壊と環境保全・エコロジー】 【自由党(生活)】 【表現・出版・芸術の自由】 【議員報酬・特権・天下り】 【貧困・格差・生活保護】 【軍事・防衛・自衛隊】 【軍産複合体】 【通信の秘密・デジタルの権利・IT全般】 【選挙】 【野党共闘・政権交代】 【除染・核廃棄物・中間貯蔵・最終処分】 【障碍者・難病】 【集団的自衛権・海外派兵・PKO】 【電力会社・東京電力】 【電力改革・エネルギー】 【電力料金】 【靖国神社・神道・生長の家・日本会議】 【韓国】 【領土・領海】 【食料政策・農林業・水産資源保護】 【高齢者・年金・老人社会】

【都議会百条委】「豊洲=安倍小學院=南スーダン日報隠蔽」とつながる政治の暗闇を解明せよ

2017/02/20 23:34
豊洲市場予定地 東京・築地の市場移転問題と、それにまつわる不明朗な豊洲の移転先用地(⤴)取得問題。これはもう、はっきり“スキャンダル”と言っていい。 その黒いいきさつを解明するための「百条委員会」設置がきょうにも決まる見通しとなった(20日都議会で決定)。虚偽の証言には罰則規定があり、議会は「伝家の宝刀」を手にすることになる。 審議の焦点となるのは、なぜ生鮮食品を扱う市場用地に、有害物質で汚染された東京ガスの工場用地が選ばれたのか、そして土地の売買契約が、価..

続きを読む

「しまい過ぎた」では済まない“南スーダン日報” PKOを利用して軍が政治を凌駕する日

2017/02/18 22:49
17日に行われた衆院予算委員会集中審議で、「PKO部隊日報隠ぺい疑惑」に関連して安倍シンゾ首相は、「探し方は不十分だったが、隠す意図はなかった」と答弁する稲田朋美防衛相をかばい、「稲田氏は安全保障政策を任せるに足りる。日報などの指摘もあるが、しっかり事態に対処できると信頼している」と持ち上げた。 この内閣の最も危険なところは、事態の重要性を全く理解しないアベ首相の、この“ノー天気ぶり”にある。 防衛省はこれまで「廃棄済み」としてひた隠しに隠していた南スーダン派遣部..

続きを読む

【安倍訪米とPKO文書開示】戦争状態を「停戦」と言いくるめ自衛隊をトランプの手駒に提供

2017/02/08 17:22
防衛省は7日、「廃棄した」として隠していた南スーダンPKOの日報が、一転して「見つかった」といって公表した。国民の目から隠しおおせなくなったことを逆手に、憲法違反の海外派兵を、むしろ積極的に国民のノーミソに刷り込む作業に出てきたと言える。 南スーダンには国連平和維持活動(PKO)の一環として日本の自衛隊も参加しているが、その首都ジュバでは昨年7月、大統領派と反大統領派の間に数回にわたって激しい銃撃戦が起きている。 日本のPKO協力法では、紛争当事者間の停戦合意の成..

続きを読む

国民の目の届かないところで着実に進む“日本軍”による憲法破壊-南スーダンPKO

2016/07/24 23:52
(張作霖爆殺現場=Wikipedia) 1928(昭和3)年6月4日、関東軍(日本軍)は中国への侵略戦争の突破口とする意図をもって、奉天(今の瀋陽)近郊で南満州鉄道の線路を爆破し、奉天軍閥の頭目・張作霖を暗殺した。この事件が発端となり、関東軍は日本政府の指揮が及ばない暴走を続け、満州事変=アジア・太平洋戦争へとつながっていった。 事件が発覚してから、統帥権者・昭和天皇は実行犯・河本大佐を軍法会議にかける意向を持っていたが、当時の田中義一内閣は軍部に脅され、総辞職することで..

続きを読む

「緊急事態条項」を先取りした独裁者・安倍の『私は立法府の長』発言を見逃す与野党議員たち

2016/05/20 00:37
日本の義務教育である中学校を無事卒業した人なら、誰でも知っている「三権分立」を、こともあろうか、わが安倍晋三がよく理解していないらしい。 もちろん三権分立の言葉くらいは聞いて知っているのだろう。だから、国会の場でもポロッと口をついて出てくるのだろうが…。 今月16日、通常国会の会期も残り少なくなったために、気が緩んだというわけでもないだろうが、トンデモ発言が、安倍首相の口から飛び出した。 「私は立法府、立法府の長であります」 あちゃー! これには思わず閣僚席..

続きを読む

もっと見る