憲法の理念を生かした「平和に生きる権利」宣言、国連総会で採択 アベ政権が反対した理由とは?

(「そしてすべてを失う子供たち」国連UNHCR協会) 国連総会は昨年12月19日、「平和への権利宣言」を賛成多数で採択したことが、今日の東京新聞1面で報じられた。 「すべての人は、すべての人権が保証され、発展が実現するような平和を享受する権利を有する」(第1条)。 誰にでも「平和に生きる権利」があり、保証される。こんな当たり前のことが、記事を読んで、いままで顧みられなかったこと…

続きを読む

他人事でない「金正男」暗殺 疑心暗鬼での軍拡競争は、敵だけでなく“身内”も“自分”も滅ぼす

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)がマレーシアで殺害された事件で、韓国の情報機関は北朝鮮指導部の指示を受けた工作員が毒物を使って殺害したとの見方を示した。 マレーシアの警察は、13日午前9時にクアラルンプール空港で女性2人に毒針で刺されたキム・ジョンナムとみられる男は、名義が「キム・チョル(Kim Chol)」、出生が「1970年6月10…

続きを読む

【南スーダン派遣軍に新任務】戦争法の実体化に向けて動き出した安倍政権

アフリカの南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊に対し、政府は安全保障関連法(戦争法)に基づき、自衛隊に新たな任務「駆け付け警護」を付与する閣議決定をした。 稲田朋美防衛相は駆け付け警護の必要性について、「助けられる人を見殺しにしない制度だ」と強調するとともに、「政府軍の中で暴徒化した兵士を鎮圧するのは、南スーダン政府の仕事だ」とあえて指摘せざるを得ないほど、その境界は不明…

続きを読む

【中国人権派弁護士】419人の署名集め、司法相の辞任を公然要求

「司法相辞任を」419人が署名【中国】人権派弁護士ら首相に提出(東京新聞2016年10月15日朝刊) 【北京―平岩勇司】北京の弁護士らが「司法部門は憲法、法律を守っていない」として、呉愛英・司法相の辞任を求める署名活動を行い、李克強首相宛てに提出した。市民の権利が事実上制限されている中国で公然と閣僚の辞任を求めるのは異例。 (呉愛英・司法相) 表現の規制「憲法守らず暴走」 署名したのは4…

続きを読む

【G7首脳会議】「世界経済は危機」の我を通した安倍首相だが、その先にあるものは?

G7(先進主要7か国)は減速する世界経済を成長軌道に乗せるため、各国が構造改革に加え、公共事業などに寄与するために機動的な「財政出動」が重要だとする認識を盛り込んだ首脳宣言を採択した。 ただドイツや英国は財政出動には慎重な姿勢を崩さず、「(世界経済の現状を)危機とまで言うのはいかがなものか」との異論は最後まで残った。 宣言には、裏方のぎりぎりの調整の結果、安倍首相が主張していた「危機・クライ…

続きを読む

「アメリカにとって本当の脅威とは何か」を鋭く指摘したカニンガム記者の記事(『マスコミに載らない海外記事』より)

今日は「マスコミに載らない海外記事」サイト(5月16日)に和訳されて掲載された国際問題専門誌「The Strategic Culture」のコラムニスト、フィニアン・カニンガム記者の記事を転載します。 米国政府の近年の軍事支出は年間約6000億ドル(65.4兆円=1ドル109円〔17日〕換算)に上り、米政府予算の半分以上、全世界の年間軍事支出の3分の1を優に超える巨額だ。 米国の“軍産複合体…

続きを読む

【パナマ文書】そこまで言って、自分の身は大丈夫かい?アソー財務相

日本で13万部を超える大ベストセラーを記録した著書『21世紀の資本』で、19、20世紀の各国のデータを分析して、資本家の富の伸び率と労働者の賃金の上昇率を比較したフランスの経済学者トマ・ピケティ氏。 15年もの歳月をかけて、世界の税務データを収集・分析したピケティ理論の核心は、株や不動産、債券などへの投資が財産の増大をもたらし、その増大する率は、給与所得者の賃金が上がる率よりも常に高くなるとい…

続きを読む

予断を許さない「米20ドル紙幣への“女性黒人奴隷解放家”肖像初登場」

米20ドル紙幣に奴隷解放運動家の女性、黒人として初(ロイター2016年04月21日12:22) [ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省は20日、新20ドル紙幣(約2120円)の表に奴隷解放運動家の女性、ハリエット・タブマンの肖像画を採用すると発表した。米紙幣にアフリカ系の人物の肖像画が使われるのは初めて。また、女性の肖像画が使われるのは100年以上ぶりとなる。 タブマンは1820…

続きを読む

AFPが伝える世にもおぞましい少女獣姦強要

AFP(フランス通信 03月31日)が伝えるところによると、中央アフリカに駐留するフランス軍に「極めて問題性の高い」新たな性的虐待が浮上していることを、国連が明らかにした。それによると、フランス軍が中央アフリカで展開する「サンガリス作戦」に参加している部隊の兵士たちが、わずかな金銭と引き換えに、少女たちに動物との性行為を強要しているとの報告があったという。 これらの事件は、中央アフリカ…

続きを読む