河村たかしの「南京虐殺はなかったチャン」とアパホテル――安倍とオリンピックをつなぐ黒い闇

東京オリンピックへ向けた「オモテ無し(裏ばかり)」の黒い実態がまた一つ、明らかになった。その口火を切ったのが「南京事件はなかったチャン」が持論の河村たかし(名古屋市長)だ。河村はこのタイミングでまたしても、その妄想を持ち出してきた。 安倍シンゾ首相や「ホトケさま」田母神オヤジと昵懇の仲であり、彼らのパトロン兼スポンサーの一翼を担っている、元谷外志雄(もとやとしお)が経営するアパホテル・グル…

続きを読む

アベ首相、ドゥテルテ比大統領に“対中”ミサイル提供を打診か――日本へ“テロ”を呼び込む巡視艇供与

安倍シンゾ首相は今年の年頭所感でこう訴えたー。 「激変する国際情勢の荒波の中にあって、積極的平和主義の旗をさらに高く掲げ、日本を、世界の真ん中で輝かせる。 ……  私たちの未来は、他人から与えられるものではありません。私たち日本人が、自らの手で、自らの未来を切り拓いていく。その気概が、今こそ、求められています。 」(首相官邸HP) あたかも安倍政権が鎮座するこの日本国が“世界の中心…

続きを読む

【台湾蔡政権】アジア初の快挙 原発廃炉法を可決 アジアの潮流にも乗り遅れるアベの“眼力”

日本と同じ南海トラフの延長上にある台湾の立法院が原発廃炉法を可決、2025年に原発を完全に廃止することが決まった。 台湾の民進党・祭英文政権の強いリーダーシップによるもので、2011年の福島第一原発事故後、アジア初の快挙と言える。 現在、台湾には6基の原発がある。うち、北部・新北市にある第一原発は1979年に運転が開始され、2019年に40年を迎え、また同じく第二原発も運転開始後20…

続きを読む

唯一の“外交成果”――「日韓慰安婦像合意」も泡と消えた、アベ政権の小児病的末期症状

安倍シンゾが新年早々、またしてもポカをやらかして外交無策を曝け出した。 韓国・釜山の日本総領事館前に少女像が設置されたのに腹を立てた日本政府(菅官房長官)は、6日の閣議後の記者会見で「極めて遺憾」と述べただけでは収まらず、「当面の対抗措置」だとして、子供じみた報復や仕返しをすることを明言した。 日本政府は「一昨年の日韓合意では、慰安婦問題が最終的で不可逆的に解決されることを確認」…

続きを読む

【テロ等準備罪】日中戦争から80年――アベの手による戦時国内体制固めが始まった

特定秘密保護法で情報の独占を狙い、集団的安保法制で国民を戦地に駆り出す準備を着々と進めてきた安倍政権だが、今度は年明けの通常国会で、共謀罪の要件を備えた「テロ等準備罪」の新設に向かおうとしている。 これが成立すれば、犯罪の計画段階で「テロを準備した」と解釈されれば、「懲役・禁固4年以上」の重罪を課すことができるようになる。しかもその範囲は覚せい剤の密輸や殺人の共謀のほか、恐喝や偽証なども含…

続きを読む