日本の北朝鮮化 国連の「沖縄先住民族」に背を向ける世界の“ハグレもの”

国連が沖縄の人々を日本の「先住民族」と認識していることに対し、日本の外務省や自民党議員らが反発している。 国連人種差別撤廃委員会は人種差別撤廃委や自由権規約委が08年から4回にわたって沖縄に関する見解を表明し、「琉球・沖縄の人々を先住民族として承認しない立場を遺憾に思う」などとしてきた。 だが日本政府は、「日本にはアイヌ民族以外に少数民族は存在しない、沖縄の人々は日本民族であり、人種差別…

続きを読む

自公案では差別はなくならない。真の差別撤廃のための法律実現を

ヘイトスピーチ、与党が修正案(JIJI.COM 2016/04/26-20:24) 自民、公明両党は26日、参院で審議中のヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法案に関する合同作業チームの会合で、ヘイトスピーチの定義を変更した修正案をまとめた。既に規制法案を提出している野党側から与野党案の一本化に向け修正を求められていた。27日に修正案を提示する。与党案は定義を「他国の出身者を地域社会から排除する…

続きを読む

頑なな最高裁、謝罪すれども「違憲」を認めず【ハンセン病隔離法廷】

ハンセン病患者の裁判を隔離施設などで開いていた特別法廷問題を検証してきた最高裁は25日、調査報告書を公表した。 この中で最高裁は、一律に特別法廷の設置を許可していた自らの誤りを認めた上で、「患者の人格と尊厳を傷つけたことを深く反省し、おわびする」と謝罪した。 最高裁が調査の対象としたのは、ハンセン病患者の裁判を社会から隔離された特別法廷で開くことを許可した95件に関する、司法…

続きを読む

騙されてはいけない!青山繁晴、三橋貴明「川内原発安全論」

熊本地震発生から10日が経ったが、熊本・大分両県での揺れは収まらない。気象庁によると23日も午後5時までに震度1と2の地震が22回起きている。14日夜からの総数は837回に上り、うち5以上は17回、4は76回を記録している(47NEWS 4月23日19:31)。 「本震」の震度7があった16日の202回をピークに減少傾向だが、気象庁は「活発な活動は収まっていない。増減を繰り返しながら続いている…

続きを読む

予断を許さない「米20ドル紙幣への“女性黒人奴隷解放家”肖像初登場」

米20ドル紙幣に奴隷解放運動家の女性、黒人として初(ロイター2016年04月21日12:22) [ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省は20日、新20ドル紙幣(約2120円)の表に奴隷解放運動家の女性、ハリエット・タブマンの肖像画を採用すると発表した。米紙幣にアフリカ系の人物の肖像画が使われるのは初めて。また、女性の肖像画が使われるのは100年以上ぶりとなる。 タブマンは1820…

続きを読む

「全国部落調査 復刻版」とヘイトスピーチ“解消”法案

ネット上に被差別部落情報 戦前の調査書を復刻(東京新聞「こちら特報部・ニュースの追跡」2016年04月21日) 被差別部落の所在地などの情報を公開した出版社と同社幹部を部落解放同盟が提訴した。出版社は、被差別部落の情報が含まれる書籍の発行を予定するとともに、ウェブサイトにも情報をアップしたが、裁判所は出版禁止と削除を命じる仮処分を決定していた。(沢田千秋) (被差別部落の地名リストのサイ…

続きを読む

【報道の自由度ランキング】日本、急降下。衝撃の「72位」

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)が20日に発表した2016年の世界各国の報道の自由度を調査したランキングで、日本はなんと世界180か国中72位というショッキングな結果だったことが分かった(AFP BB NEWS 2016年04月20日15:36 発信地:パリ・フランス)。 前年の61位から一気に72位に大幅ダウンとなるもので、日本より下位にランクされているの…

続きを読む

国連報告者が秘密保護法に強い懸念 政府に警告の会見

国連人権理事会の任命を受け、日本の人権状況の調査をしているデービッド・ケイ特別報告者が昨日(19日)、日本外国人特派員協会の招きにより記者会見に応じた。 ケイ氏は米カリフォルニア大アーバイン校の教授で、国連の人権分野のうち表現の自由を担当する国際人権法や国際人道法の専門家で、日本政府の招きを受け、昨年12月1日から8日まで来日の予定だったが、直前になり、「予算編成」を理由に日本政府から意味…

続きを読む

熊本地震が続く中、いま政治がすべきこと

気象庁は4月14日午後9時26分に熊本県で発生した最大震度7の地震を「平成28(2016)年熊本地震」と命名した。しかしその後、16日の未明1時25分にマグニチュード7.3という大きな地震が発生し、こちらが本震で、14日の震度7がその前震であることが分かった。 これは地震発生回数が平成16年の新潟中越地震を上回り、内陸や沿岸で起きた地震としては最多のペースとなっていることが明らかとなり…

続きを読む

「伊方原発はかなり嫌な状況」地質学者が警戒【熊本地震】

(南阿蘇村で発生したがけ崩れ) 4月14日夜から熊本県を中心に立て続けに起きている大地震は、16日になっても収まらず、未明の午前1時25分ごろには熊本県で震度6強の大きな揺れを観測したのに続き、その後も短時間で震度6弱以上の地震が相次いで発生している。 報道では、この地震で新たに19人が死亡、14日以降の死者は計28人になった。隣接する大分県でも広範囲で多数の重軽傷者が出ており、…

続きを読む