X線天文衛星「ひとみ」の通信異常

JAXAの発表によれば、今年2月に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」が、何らかの異常が起きて地上との交信ができない状態になっているという。 ひとみは高度約580キロの軌道を周回中で、うまくいけばこの夏には天体が出すエックス線を捉え、ブラックホール観測などを行い、宇宙がどのよう進化し、今の姿になったのかの謎に迫るものとして期待されていた。 このことについて今朝(3月31日)の東京新聞…

続きを読む

五分咲きの花見

きょうは花曇り。本格的な花見にはちょっと早めでしたが、5分咲きの桜を愛でにワンカップを携えて出かけました。昨日、今日と気温が高く、まさに今開きつつある花弁(はなびら)といったところでしょうか。 敷物を広げ、ワンカップの口を切れば川面を渡るそよ風とともに、咲きかけの花弁のひとひらがコップの中に舞い落ちてきて、何とも言えない風情があります。 それにつられて、次々と花見客が訪れ…

続きを読む

「民進党」結党大会

昨日(27日)、民主党と維新の党が合併して、おかしな党ができた。「民進党」だ。 民主党代表から新党代表に横滑り就任した岡田克也氏が、なんとその結成大会でさっそく党の名前を「民主党」と言い間違えた。 会場からは「頑張れ」「大丈夫だ」などのエールが飛んだというが、この人たちの新党にかける意気込みは、せいぜいその程度のものでしかないのだろう。 衆参ダブルともいわれる夏の選挙には、当然のことな…

続きを読む

映画『家族はつらいよ』を観た。

先日、山田洋次監督の映画『東京家族』(2013年)がテレビ放映されたのを見て、なかなか良くできた映画だと思った。 瀬戸内海のとある小島に住む高齢の周吉夫婦(橋爪功、吉行和子)が、東京で暮らす子供たちに会いに来る物語だ。だが、実際に訪れてみると、子どもとはいえ皆それぞれ日常に忙殺されて、両親とまともに相手をしている余裕はない。 周吉はそんな子供たちの様子に落胆するが、妻とみ子は、経済的に最…

続きを読む

「STAP細胞はあります!」は正しかった

「Business Journal」の2016年3月19日号に「STAP現象、米国研究者Gが…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明」(文=上田眞実氏/ジャーナリスト)との記事が載り、話題となった。 その記事によると、英国科学雑誌(ネイチャー)の姉妹版(ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ)に米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが発表した論文によると、負傷し…

続きを読む

書きながら考えるブログです。

こんにちは。「六日の菖蒲(ayame on sixth)」の管理人をしておりますayameと言います。 きょう、アカウントを取得してseesaaブログの仲間入りをしました。 時々、記事を書きます。何を書くかは、まだ分かりません。書きながら考えようと思っています。 「六日の菖蒲」って、なんか出遅れた感じがしますが、世の中からちょっとだけずれたような、そんなブログになるかもしれ…

続きを読む