あまりにも高圧的、挑戦的なトランプと、それにヘラヘラとすり寄る無自覚・低脳のアベシンゾ。

<海上自衛隊護衛艦「かが」の甲板から格納庫へ、巨大エレベーターで降りる安倍・トランプ夫妻ら=毎日新聞> もう顔を見るのも吐き気を催すトランプが、25日来日した。その見飽きたトランプを、選りによって国賓として迎えたナルヒトとアベシンゾ。そして、トランプがゴルフに出かけるときの一挙手一投足までを「報道」と称しては映像に捉えて垂れ流し、アベにすり寄るマスコミの卑屈さ。 それだけでも腹立…

続きを読む

拝啓 院長殿。以て他山の石とすべし……と心得よ

 このところ、すっかり暖かくなって気温も急上昇。今日は妻とそろって脳神経外科を受診した。  私は、もう10数年前になるが脳梗塞を患っている。それが現役をリタイアした原因だが、それを境に禁煙し、必死のリハビリに務めた。その甲斐があってか、3か月ほどで日常生活にはあまり不自由はしなくなったが、元の会社に復帰することはできなかった。  そこでリハビリを兼ね、軽い作業を伴う仕事に転職したが、1年半後…

続きを読む

これもアベに忖度?……どこかつながりがあるような「強姦罪無罪判決」東京新聞より

レイプ裁判 なぜ無罪? 実娘と性交→「支配従属を認めず」 (東京新聞2019年04月16日朝刊「こちら特報部」)  性犯罪をめぐる裁判で無罪判決が相次ぐ。父親が19歳の娘をレイプして準強制性交罪に問われた名古屋地裁岡崎支部のケースも、外国人男性がコンビニで見かけた女性に乱暴し、強制性交致傷罪に問われた事件も、被害者の抵抗のありようが指摘され無罪になった。性犯罪規定が変わった201…

続きを読む

「レーダー照射」問題の応酬のなか、日韓外交当局者が協議【大法院強制徴用判決後初】

金杉憲治・外務省アジア大洋州局長と韓国のキム・ヨンギル外交部東北アジア局長は24日、ソウル市内の外交部庁舎内で局長級会談を開き、日韓間の強制徴用賠償判決や「韓国海軍が日本の海上自衛隊機にレーダー照射をした」とされる件で協議を行った。ハンギョレ新聞(電子版)が伝えた記事を末尾に転載する。 徴用工問題で日本側は例によって、「徴用工賠償問題は65年日韓協定で解決済み」との姿勢を崩さず、「この問題…

続きを読む

「徴用工判決」で見せた韓国司法の立憲主義と、独りよがりがすっかり身についてしまった安倍政権

日本の植民地統治時代に日本などで強制的に働かされた元徴用工の故ヨ・ウンテクさんら韓国人4人が、新日鉄住金(旧新日本製鉄)を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、韓国大法院(最高裁)の判決が30日、原告が勝訴することで終結した。これにより大法院が新日鉄住金側の上告を棄却し、1人当たり1億ウォン(約1千万円)を支払うよう命じた2013年のソウル高裁判決が確定した。 (ソウルの中心部にある龍山駅前…

続きを読む

拉致被害者の「全員帰国」にこだわるわけは?レインボーブリッヂ・小坂浩彰氏の動画(続編)

「拉致は最重要課題」といいながら、自分では動こうとはせず、トランプにこっそり頼み込むアベシンゾーだが、もしトランプが本気でこれに首を突っ込んできたら、アベは日本の首相としてどう反応するつもりなのだろうか。 そして「金正恩は、もう生存者は一人もいないって言ってたぞ。この辺で手を打たないか?いつまでもやっててもショーないだろが」とでも言い始めたなら、アベはどうするつもりなのだろうか。それが…

続きを読む

拉致被害者の「全員帰国」にこだわるわけは?――窮地に立たされたアベの核心を衝く(レインボーブリッヂ・小坂浩彰氏の動画no.1)

先日(6月21日)、朝鮮半島の南北首脳会談と、それに続いた米朝首脳会談をテーマに、久しぶりに記事を書いた。1年以上も更新をさぼっていたせいなのか、駄文を長々と書き連ねたせいもあってか、ほとんどアクセスは増えなかった。 マイナーなブログであり、「固定客」などもほとんどない、忘れられた存在でもある。まあ、しかし、当ブログはその名の通り、世の中からずれた戯言(たわごと)を、たまに思い出して書くだ…

続きを読む

南北・米朝首脳会談後の流れの中で、己を見失った安倍外交――日本が求める拉致の「解決」とは

「ラチ・カク・ミサイル」の破たん  米朝首脳会談を受けて日本のマスコミは、アベシンゾ首相が8月中に平壌で金正恩朝鮮労働党委員長と直接会談する可能性やら、あるいは9月のウラジオストク経済フォーラムの場で、金委員長に何らかの接触を試みるのではないかとの観測が流れている。  もちろんこれは、今のところ日本の首相官邸筋からの一方的“願望”のリークであり、朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)側…

続きを読む

国民の年金基金積立金が大量殺人兵器への投資に使われていた

国民の年金原資である積立金がGPIF(年金積立金運用独立行政法人)の手によって、無差別大量殺人兵器として知られるクラスター弾を製造する米国企業の株式に投資されていることが明らかとなった。 アベ政権が、トランプ政権を生み出した米巨大軍需産業の“アンダー・コントロール”にあることが、またしても暴露された形だ。 今日の東京新聞朝刊が、民進党・長妻昭衆院議員が質問主意書で明らかにしたとして伝…

続きを読む

『戦争責任者の問題』伊丹万作(「青空文庫」からの転載)

戦争責任者の問題 伊丹万作 (『青空文庫』図書カード:No.43873)  最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。それがいつどのような形で発表されたのか、くわしいことはまだ聞いていないが、それを見た人たちが私のところに来て、あれはほんとうに君の意見かときくようになつた。  …

続きを読む